専業主婦キャッシングができない理由

専業主婦の方のキャッシングができなくなったのは、2010年の改正貸金業法が施行されてからのことです。

 

改正貸金業法が施行される以前は、専業主婦の方も問題なくキャッシングしていましたが、法改正を境に1円の融資も認められなくなっています。

 

しかし、「どうしてもお金が必要!」という専業主婦がいる以上、安全に利用できる融資先を見つけなければなりません。

 

ここでは、専業主婦がキャッシングできない理由と安心して利用できる融資先についてご紹介します。

 

 

■専業主婦はキャッシングに申し込めない!

 

改正貸金業法の施行により、総量規制という仕組みが始まっています。

 

総量規制は、過剰貸付を防止するため、「全ての借入額の合計が年収の3分の1を超えてはいけない」というものです。

 

現金収入にならない家事労働をされているわけですから、法律の規制により、1円も融資が受けられないことになります。

 

それでも融資が必要な方は、「総量規制の影響を受けていない業者」から融資先を見つけることになります。

 

 

■総量規制対象外のキャッシングとは?

 

総量規制対象外のキャシングは、貸金業法の規制しない業者のサービスです。

 

貸金業法は、消費者金融や信販会社、クレジット会社などを規制しますが、「銀行」や「信用金庫」を規制するものではありません。

 

つまり、本人に収入がない専業主婦は、「銀行カードローン」をキーワードに融資先を見つければ良いことになります。

 

 

■急ぎの融資ならバンクイックでキャッシング!

 

「銀行カードローンなら申し込める!」と思われるかもしれませんが、全ての銀行カードローンが専業主婦のキャッシングを認めているわけではありません。

 

専業主婦のキャッシングを認めているのは、「イオン銀行カードローン」「三菱東京UFJ銀行バンクイック」などです。

 

イオン銀行カードローンは、審査に少し時間がかかりますので、急ぎの融資を希望しているなら、バンクイックに申込むようにしてください。